〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

ゆるやかに蝕まれていく【ぼくらはバラの子 1 (花とゆめCOMICS)】

ぼくらはバラの子 1 (花とゆめCOMICS)ぼくらはバラの子 1 (花とゆめCOMICS)
(2013/11/20)
水森暦

商品詳細を見る

隕石が落ちた日
小学生5人組が拾ったのは
腕から棘を出す不思議な赤ん坊・バラ子
彼らはその子を育てることを決める
その子がもたらす未来に
待ち受けるモノを知らぬがままに…


水森暦さんの
前作「はじまりのにいな」が好きだったので
作者買いした今作
「にいな」とは180度違った
ダークな雰囲気ながら
引き込まれる導入、雰囲気の作品で楽しめました

不可思議な赤ん坊・バラ子との出会い
その異質な存在が
少年少女たちの日常をゆっくりと壊していく
冒頭で崩壊の瞬間のひとコマを切り出しているだけに
いつ事態が取り返しのつかない方向に転がっていくのかという
ドキドキ感で物語に引きこんでくれます

弱気な少年が
バラ子のちょっとした仕草に心を動かされて
一歩踏み出し、いじめっ子に立ち向かうなど
少しずつ問題を抱えた少年少女たちが
一歩の勇気でほんの少し前向きに変わるという
日常のエピソードの横で進行する
バラの子による取り返しのつかない日常の侵食
その対比が巧く互いを引き立てていますね
定番の構成がうまく機能している印象

それだけにどんな結末を迎えるかが重要
決定的な崩壊の始まりで1巻は引き
次巻以降、どう物語を転がしてくるのか

楽しみなシリーズが増えました^^

▼関連記事
まっすぐ願い続けたその先で【はじまりのにいな 4 (花とゆめCOMICS)】
わたしは今のわたしとして【はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)】
いつか春が来たら【彼女の涙が雪だとしたら (花とゆめ)】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

[ 2013/12/03 22:22 ] コミック 少女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧