fc2ブログ

交わす心【アニメ ワルキューレロマンツェ #11】

[初回限定版] ワルキューレロマンツェ (1) [Blu-ray][初回限定版] ワルキューレロマンツェ (1) [Blu-ray]
(2013/12/27)
山下誠一郎、清水 愛 他

商品詳細を見る

アニメ ワルキューレロマンツェ
11話 勝利のゆくえ

約束、感謝、敬意
かけるものはそれぞれ
されどその熱さは変わらない―


この瞬間に全てをのせて―
waru11.jpg
進む夏の大会

競技モノとしての面白さ
各人の爽やかな宿命

スフィーリア 
目指す背中と受けて立つ王者
出し切った充足感と未だ届かぬ高みへの憧憬

ベルティーユ美桜 
きっかけをくれた人、ライバルとなれた人
ちょっとアホっぽくて恥ずかしいけど真っ直ぐなふたり

そして、ノエル
背負った約束
叶えるという気迫が動かした家族の心

それぞれがかける想い
それは約束であったり感謝であったり敬意であったり
付けられる名前は十人十色なれど
等しく尊く熱い

ジョストの試合描写も
崩れることなくここまで来ており
放送前の期待値はゆうに超えています
それ故にもったいない~と思うことも多かったり(苦笑
特に貴弘の取り扱いがなぁ
これ、このまま最終回で
美桜のべグライターに普通になったりすると微妙だなぁ

彼自身、いいキャラだけに
ヒロイン達の想いにふれて
貴弘自身が道を見つけるという流れを
作って欲しかった

何にせよ、次回は最終回
青春な締めを期待してます

▼関連記事
激闘、目指すその向こう側へ―【アニメ ワルキューレロマンツェ #10】
乙女たちの熱き前夜祭!【アニメ ワルキューレロマンツェ #9】
あの夏が待っている【アニメ ワルキューレロマンツェ #8】
笑顔呼ぶ騎士と女神【アニメ ワルキューレロマンツェ #7】
立ち止まって眺める風景に何を見る?【アニメ ワルキューレロマンツェ #6】
背負う想い【アニメ ワルキューレロマンツェ #5】
迷える子羊たちの岐路【アニメ ワルキューレロマンツェ #4】
あわせて一本!【アニメ ワルキューレロマンツェ #3】
頬の紅葉は主人公の証【アニメ ワルキューレロマンツェ #2】
桜舞い散る中、少女出会いしは―【アニメ ワルキューレロマンツェ #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

0 Comments

7 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ワルキューレ ロマンツェ 第11話「勝利のゆくえ」
  • 熱戦の続く夏の大会! スィーリアと対決するノエル。 ミレイユのために頑張るその姿に父も応援するが…。 まるでノエルが主役のようでした(笑) 美桜と宿命の戦いを演じたベルティーユさんも、ナイスファイトでしたw
  • 2013.12.18 (Wed) 22:00 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ワルキューレ ロマンツェ 第11話「勝利のゆくえ―Stand Up!」
  • うわぁ〜、なんでそないエエとこで切んねん!?・・・と思わずにはいられない、こういうパターンの引きがありふれてるのはわかっていても見せ方次第で立派に効果を出すという、いい一例というか、してやられた感がありありというか(笑)。準決勝の1つだった美桜vsベルティーユがキンクリされちゃったのは気の毒でしたけど(苦笑)、その前のスィーリアvs茜は負傷の影響でやはり茜は勝てませんでしたが、勝負内容は予想...
  • 2013.12.19 (Thu) 23:36 | ボヘミアンな京都住まい
この記事へのトラックバック
  •  ワルキューレ ロマンツェ 11話「勝利のゆくえ ―Stand Up!」の感想
  • スタッフの馬への入れ込み具合がスゲェな! なんかもう馬を描きたいがために話を作ってるんじゃないかというレベルになってて、 結果として貴弘が割を食っているというラブコメにあるまじき展開なんですが、 男が絡まないことでジョストはあくまでスポーツとしてきちんと展開することになり、 なんだか話としてはすこぶる爽やかな仕上がりになっちゃって馬様々という感じ。 一応、全員に対して平等な...
  • 2013.12.21 (Sat) 09:00 | 真実悪路
この記事へのトラックバック
  •  ワルキューレロマンツェ #11
  • 【勝利のゆくえ】 [初回限定版] ワルキューレロマンツェ (1) 使用用途はお・ま・か・せ!キャラクター原案こもり けい描き下ろし「6人揃うとむふふ等身大布ポスター」(1)付き [Blu-ray]出 ...
  • 2014.01.01 (Wed) 14:19 | 桜詩〜SAKURAUTA〜