〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

他愛のない時間、大切な場所【スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)】

スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/12/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

遥か上空、蒼穹の果てを目指せ
飛空艇で旅をするMMORPG・スカイワールド
そんな世界を行く
生粋のゲーマー・ジュンを中心に
ひょんなことから出会った
ちょっぴりコミュ障な過去を持つ
メンバーたちの旅路を描く
オンライン冒険ファンタジー
幕間、レべリング回にして人間関係おさらい巻
6

MMORPGの世界への幽閉
2回の猶予はあるものの
ゲームでの死がリアルの死に直結する可能性ありといった流行設定ながら
あくまでMMORPG世界での冒険の楽しさの描写に
主軸をおいているのが特徴
今回もその仲間との「楽しい」時間
堪能さてもらいました



真剣だけど楽しんでいる。それが許される設定の妙
よく出来たRPGをプレイしているような楽しさのある作品

今回は幕間、レベル上げ回かつ
読者的にもキャラクターたち的にも人間関係再確認回

主人公ジュンを中心とする
ハーレム系パーティながら
鈍感主人公中心でもなく
悲壮な多角関係でもない人間関係
放課後、気のあう仲間でじゃれあってる様な空気感は
相変わらずで他にはちょっとない良さです

無二の相棒・サクヤとの再会
彼女のジュンパーティーへの
確信的人間関係引っ掻き回しの
ハーレム発言に
改めて自身の気持ちを見つめなおすメンバーたち
その想いに真剣さはあっても
悲壮感は薄く、清々しさがあるのが心地よい

初期の頃はその自信のなさからくる
内向的な態度で少々苛立たせられるところのあった
天然お嬢様・かすみも
すっかり自信をつけて
最近は遺憾なく天然ぶりを発揮
周りを振り回す姿は微笑ましいですし

分かった上で引っ掻き回す
ユーカリアのセクハラボケに
つっこみのヒカルと
それぞれがそれぞれに気を遣いながらも
お互いのやり取りを心から楽しんでいる
その雰囲気は何物にも代えがたく
ジュンがこのままでいたいと思うのも納得(苦笑

そして、その上でただ停滞を望むのではなく
少しずつでも前へと模索してる辺りに好感をおぼえるからこそ
読後感がいい作品です

そんな感じで全員が全員
いい子たちな訳ですが

個人的にはエリさんが好き

自分の本心を隠して
おふざけを本気で楽しみながら
人間関係を回せる
良くも悪くも大人なところがあるユーカリアとは逆に
根っこが生真面目で幼いところが見え隠れする
背伸びしてその自分の目いっぱいで持って
パーティの人間関係のバランサー役を務めるエリ

周りが天然だったり、天衣無縫だったり、セクハラだったりの
ぶっ飛んだ方が多いだけに
彼女の常識さ、フォロー役をやってしまう
年下気いつかいっぷりが健気でよいです^^


▼関連記事
核心へと踏みこんでいけ【スカイ・ワールド4 (富士見ファンタジア文庫)】
楽しくドラマチックにロールプレイ【スカイ・ワールド3 (富士見ファンタジア文庫)】
とある主人公の世界の歩き方【スカイ・ワールド2 (富士見ファンタジア文庫)】
対等とか気心知れたとか【スカイ・ワールド (富士見ファンタジア文庫)】



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧