〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

ここが私たちのスタートラインだった【劇場版 Wake Up, Girls! 七人のアイドル】

劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD]
(2014/02/28)
不明

商品詳細を見る

劇場版 Wake Up, Girls! 七人のアイドル

ちぐはぐで間違いだらけだったけど
ここがわたしたちのスタートラインだった―



アイドル、やらせてください!
wakeM1
鬱屈とした想いを抱えた
個性豊かな少女たち
彼女たちは右も左もわからないままに
行き場のない想いがあふれるにまかせて踏み出した
Wake up girls!結成秘話

そして、島田真夢という本物が
甦る第一歩の物語

劇場版を見ると
WUGは島田真夢の物語が軸であることを
改めて感じられましたね

虚飾を押し付けられ
大切な場所で裏切られた真夢

そんな彼女に真っ直ぐに相対してくれた藍里
彼女の姿を見るうちに
自分の中にあきらめきれない気持ちがある事に気づく

打ちのめされた過去の自分と重なる藍里
まっすぐにアイドルが好きだった過去の自分の姿
背中を押された真夢が雨の中、駆け抜け
アイドルやらせてくださいと宣言するシーンは
中々に熱かったですね

そんな真夢の再生を軸にしつつ
他のメンバーの地元アイドルとして地道な活動を描く中で
メンバーの個性も描きつつと
テンプレながら手堅くまとまった
ストーリーでした

とはいえ
ストーリー構成的に劇場版向けかといえばそんな事もなく
あくまでシリーズのプロローグとして
手堅くまとまっているに過ぎないお話

何より島田真夢がアイドルに立ち戻った理由
「自分を幸せにしたいから」
作品の根幹にかかわる部分でしょうし
この流れを知ってるか
知らないかで
TVシリーズの彼女の立ち位置
説得力が俄然変わってきます

加えて藍里という少女の
チームにおける重要度もまた然り

TVシリーズだけだとぶっちゃけ
ただのお荷物感がつよく印象付けられますが
彼女なくしてWUGは立ち上がりえなかった

普通の子だからこその視点
アイドルへの強い憧れと
その想いへの向き合い方
そして、何より
自身の絶望した姿と重なった藍里の姿に
このまま、自分に嘘をつき続ける事はできないと気づかされた
それが真夢を引きもどしたきっかけとなった
という彼女たちの関係の根底にある出来事

藍里という子がWUGの中で真夢の一番近くにいて
真夢にとって重要な役割たり得るというエピソード

といった感じに補完エピソードレベルの話ではない
ストーリーのど真ん中根底を為す
エピソードたちで構成された1時間
これは見ないと本編のお話の土台が揺らぐよw

そんなエピソードである上
作画的にも劇場版クオリティと呼んでいいレベルかといえば
正直、背景以外はごく普通のTVシリーズレベル
下手すると余力があって
クオリティが高くなった他作品の1話には
負けるレベルの作画クオリティという実態
っていうか劇場の大画面で映しちゃうと
余計に粗が目立つんじゃ( ゚Д゚)

これをどうして本放送前に
劇場で流しちゃったかな~(苦笑
これを1話2話で流せば
本編の印象が違っていたと感じるだけに
首をひねりたくなりますね~

少なくとも1話2話でこれがあれば
キャラへの感情移入を促し
いろいろな粗が目立つのを緩和できてたと
思うんですけどね~



▼関連記事
あの星を目指すのか?【アニメ Wake Up, Girls! #8】
今日これから始まるわたしたちの―【アニメ Wake Up, Girls! #7】
輝ける向こう側へ―【アニメ Wake Up, Girls! #6】
伏目がちな昨日なんてもういらない【アニメ Wake Up, Girls! #5】
おまらは商品だ―【アニメ Wake Up, Girls! #4】
コント・売れないアイドル【アニメ Wake Up, Girls! #3】
風俗店に立つ少女達【アニメ Wake Up, Girls! #2】
目、覚めた?【アニメ Wake Up, Girls! #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
[ 2014/03/02 23:14 ] 2014年3月終了 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』感想
劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』を観て来ました。   物語の核心的なネタバレはもちろんありませんでしたが、一応ネタバレにならないよう全体の感想を書いたつもり。
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧