FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

わたしたちが求めるモノ【神様のメモ帳〈8〉 (電撃文庫)】

神様のメモ帳〈8〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈8〉 (電撃文庫)
(2011/09/10)
杉井 光

商品詳細を見る

ひきこもりの少女ニート探偵アリスと
高校生の探偵助手ナルミの
ほろ苦く切ない青春ストーリー
第8巻

少年極道のリーダー4代目の両親登場
その一方でナルミたちの始まりの事件の残滓が
見え隠れする不可解ないくつかの事件が起こり…





前半と後半
雰囲気の異なる事件が
ひとつにつながる流れは
雰囲気の落差がある分
振れ幅が
プラス方向にせよ
マイナス方向にせよ
よりガツンと衝撃が大きくなる
この辺の落とし方は
毎度ながらうまい

今回で言えば
3代目の話から
今回のメインの事件への移行時
ラストの事件の真相
犯人が求めていたものが
明かされるシーンあたりで
特にそう感じた

作品のもつ切なさは相変わらず絶妙
特にラストシーン
犯人たちの求めていたであろうものが
明らかになるところでは
同情はできないけれど
それでも
負の感情をただぶつけるということもできない
そんな締め付けられるものを感じた

また今回は彩夏さんの見せ場ありで
彩夏さん派なわたしとしては
嬉しいところでした

そして
ナルミくんの無双ぶりも変わらず(笑
あらたに麻雀が得意という事実が発覚
億の金が動く賭け麻雀を
イカサマで制するって
もう完全に裏社会の人間ですなww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
[ 2011/11/01 06:29 ] 電撃文庫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧