〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

突き動かす【四月は君の嘘(9) (月刊マガジンコミックス)】

四月は君の嘘(9) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(9) (月刊マガジンコミックス)
(2014/05/16)
新川 直司

商品詳細を見る

母の死をきっかけに
ピアノを弾かなくなった
元・天才少年有馬公生
しかし、ある日
ひとりの少女ヴァイオリニストと出会ったことで
彼の灰色の日々は変わり始める

しかして
今は色彩のある世界へ連れ出しれくれた少女に
影が差す
彼女に重なるかつての呪縛
母の影

灰色の世界へ身をゆだねていく少女に
少年が望むものは…

強い想いがつきうごかす
9



辛く苦しい
音楽の道
何故弾くのか

それは全てチャラになる一瞬があるから
その瞬間に魅せられてしまったから―

その瞬間が
音楽の魅力が
どうしようもなく
少年少女を突き動かすから―

悩める有馬少年
彼を悩ませるのはいつも音楽で
すくい上げるのもまた音楽だった

後に続くモノ
凪という弟子をあてがわれ
彼女を指導する中で
新しく見つける音楽の楽しさ

初弟子となった後輩の少女・凪とのレッスンの最中
有馬自身もまた進みたい道を見出していく
描かれる相互成長の物語
相も変わらず静かだけど
熱量のある物語に魅せられました

音楽を捨てようとする恩人へ
「一発ぶんなぐる」
有馬
その込めた想いが紙面からにじみ出る
熱い演奏描写が今回も冴えていました

有馬の演奏を端に動き出す熱い想いたち

今回はそれぞれが腹を括った
役者が揃ったという印象

彼ら彼女らが集うであろう12月のコンクール
どんな熱い物語が展開されるのか
期待が膨らみますね^^

▼関連記事
惑う旋律たち【四月は君の嘘(8) (月刊マガジンコミックス)】
残されたモノは憶う【四月は君の嘘(7) (月刊マガジンコミックス)】
きらきらひかる【四月は君の嘘(5) (講談社コミックス月刊マガジン)】
すべてをこの音に【四月は君の嘘(4) (講談社コミックス)】



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ 少年漫画へ
にほんブログ村
[ 2014/05/22 22:19 ] コミック 少年・青年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧