FC2ブログ

彼女たちはそんな世界で懸命に生きている【ロートケプシェン、こっちにおいで 東京創元社】

ロートケプシェン、こっちにおいでロートケプシェン、こっちにおいで
(2011/11/19)
相沢 沙呼

商品詳細を見る

ちょっと口下手で凛として雰囲気のある酉乃初
そんな彼女は放課後女子高生マジシャン
そんな彼女に想いを寄せるポチこと須川くん
そんな二人が学園の謎を解き明かす
日常系ミステリ第2弾


今回は赤ずきんをモチーフに
クラスでいじめにあい
不登校となってしまった同級生に
纏わる事件を軸に描く連作短編
ミステリというより
少女小説
青春モノ、恋愛モノとしての色が濃い作品でした
須川くんと酉乃さんの友達以上恋人未満な関係を
やきもきしながら楽しむ
少女小説ちっくな恋愛モノとしては上々

青春モノとしても相変わらず
この年頃の繊細な心模様を巧く描いていて
同年代、もしくは少し上の
あの頃を懐かしみたい年代にはうけるのではと思う

一方、ミステリモノとしては
正直一作目より一段落ちるかな、と
幕間の文体から
全体を通してやりたいトリックは
最初から検討がついたが
ミスリードを狙いすぎて
読みにくさが先に立ってしまっている印象

そんな訳で
学園ラブコメとしては
男子のエロ本ネタ(笑に
バレンタイン
初デートなどよいネタを揃えていましたが
ミステリとしてはいまひとつでした

そんな中
連作短編で
個人的に一番うまさを感じたのは一編目である
アウトオブサイトじゃ伝わらない

織田さんの突然の涙の理由
それに至る伏線の張り方が一番フェアで
トリックのためのトリックではなく
物語に巧く溶け込んだものになっている感じが好きでした
その理由も全体に甘さと少女期特有の青さ、ほろ苦さを振りまく
作品の雰囲気にマッチしたもので
このテイストがこの作品の目指す位置というか
目指してほしい位置に近いというところでした

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

1 Comments

KalaKaLa

サイト訪問ありがとうございました。

  • 2011/12/20 (Tue) 19:27
  • REPLY