〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

共に行くためのカタチ【アニメ 甲鉄城のカバネリ #4】


甲鉄城のカバネリ
4
流る血潮




それが彼らこの鉄路
共に走るためのカタチ―

甲鉄城の4-3
嫌悪する者
寄り添おうとする者
「違う」以上は
同じように歩く事はできない
だから折り合いをつける
カタチを宣言する

血で贖う契約というカタチを

イコマ、ムメイ
ふたりのカバネリの部分
血を欲するという
人とは違う部分が露呈し
断絶が決定的になるかという最中
走る甲鉄城にカバネの襲撃が―
着磁につに追い詰められていく甲鉄城

そんな中
最後尾へと押し込められていた
イコマは自ら打って出て
この窮地を覆す事を決意する
あの日の苦い想いを繰り返さないために
あの日の誓いを嘘にしないために


甲鉄城のカバネリ
第4話


やるしかないだろっ
甲鉄城の4-4
イコマ
どんな窮地にあれ
変わらないその心の芯

逃げない
自分自身の手で
切り拓く

その想い

それは壁を作る者の
心を動かすだけの力を持つ
それこそが
手に持つ武器以上に
彼の手にしている力なのだろう

その彼の在り様は
確かに誰かに届いている

例えば
ムメイ
甲鉄城の4-2
その言動の端々に
イコマへのひとつ信頼感が芽生えつつある事が見える

起きたとき
あんたが死体になってたら
私、困るからね―

甲鉄城の4-5
そんな訳で
後は任せたムメイちゃんが
ヒロインしていた可愛かったよ(´▽`)

後はやたらと
仰々しいというか
演劇的シーンが多い印象
今回で言えば筆頭は
アヤメ、イコマの契約シーン

短期間でそういうシーンを
連発していくスタイルから感じたのは

作品のテイストとしては
B級ハリウッド
ロードムービー系統辺りの方向性でいくのかな
という印象

であるなら
そういう方向性の作品である
心持ちで見ると
心理描写の雑さはあれど
和風スチームパンクなギミックに
アクション
女性陣の絵的な綺麗さなど
視覚的な魅力はあるので
楽しんでいけるかなというのが
今回の印象でした
甲鉄城の4


▼関連記事
平時の器 戦時の器【アニメ 甲鉄城のカバネリ #3】
境界の矜持【アニメ 甲鉄城のカバネリ #2】
それだけは殺させないために【アニメ 甲鉄城のカバネリ #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://kakioki60.blog129.fc2.com/tb.php/3570-55150fe3
[ 2016/05/07 00:00 ] 2016年6月終了 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

甲鉄城のカバネリ 第4話 流る血潮
無名ちゃんのジト目たまらん・・・
[2016/05/07 11:34] ゴマーズ GOMARZ
甲鉄城のカバネリ 第4話 『流る血潮』 姫様完全覚醒!無名に並ぶダブルヒロイン成立!!
何故殺した!?いや何故って…カバネだからなんですけど。あれだけカバネにギャアギャア言ってたのに何じゃそりゃ。腹に子供居たってカバネになっちゃてるでしょうに。人間>カバネ>カバネリこいつらの頭の中はこうなのか。 来栖役に立った。姫さまを襲おうとした生駒からガード。俺、カバネになりかけている?カバネじゃないけど血が必要。増々持ってバンパイア・ハーフっぽいですね。 カバネリがカバネを...
甲鉄城のカバネリ フジ(5/05)#04
第4話 流る血潮 菖蒲を襲う生駒、来栖が助ける。カバネの集団が大挙して襲ってくる。甲鉄城を出動させるしかない。生駒と無名は最後尾車両に押し込められて施錠される。 人々は恐怖に駆られてカバネリがカバネを呼んだと 騒ぎ立てる。兄様の言うとおり、人々は弱いと理解する無名。菖蒲のリーダーシップに不信を抱く民衆、 菖蒲は自信を失い甲鉄城の鍵を手渡してしまう。進路を金剛郭に近い山中に変更するがカバネが多...
[2016/05/09 00:42] ぬる~くまったりと
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧