〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

惑う境界者【アニメ 甲鉄城のカバネリ #5】


甲鉄城のカバネリ
5
逃げられぬ闇

己が存在意義が揺れるとき
捜すべきものは―



零れ落ちそうな「私」を前に―
甲鉄城の5-4
補給を予定していた駅に到着するも
そこはすでに屍には打ち壊されたあと
更に甲鉄城の進路には巨大な瓦礫が…

瓦礫の撤去のため
慎重策を立てるイコマだったが
ムメイはその作戦を無視して強硬策
屍の本拠へと突撃していってしまう
そして
事態は悪化していく―

冷静さを欠くムメイ
その理由は一人の男の警告

おまえは屍を切り裂く爪に過ぎず
その役割を全うできなくなれば
切り捨てられるだけ、という言葉だった

人でも屍でもない
己を規定する屍を切り裂く「爪」という役割を
全うできなくなることへの恐怖に
揺れるムメイは
果たして
このままその恐怖の闇へと
飲み込まれて行ってしまうのか…


人でもなく屍でもなく
結局のところ
カバネリとは
何者であるかについてが
ひとつテーマ性なのでしょうか

その点においては
これから先、揺れる事もあるのかもしれませんが
相方であるイコマはひとつ
答えを持っている

「逃げない」
心に一つ譲れないモノがあり
その心情に添って位置を貫き続けようとする限り
生きている「自分」であり続けられる
譲りたくない芯が一つある

一方で
無心で屍を狩る刃であり続けられるように見えた
ムメイは思いの外
その足元が脆かった

「兄さま」とやらからは
屍を切り裂く「爪」としての役割をもらい
それを拠り所としているが故に
そこが揺らぐとしれたとき
彼女を支えるモノはない
彼女を現在規定しているモノは
あくまで外からの規定に過ぎない
だからこそ簡単に惑う

それは良くも悪くも
年相応な不安定さが
彼女の中にあるというところでしょうか

しかし
そんな年相応な部分も
カバネリであるが故に
周囲には理解されない
孤立しかねない状況に陥っていく


人としての年相応部分が
彼女を人と繋がりへ近づける
笑顔を作る
甲鉄城の5
甲鉄城の5-2

一方で
人としての年相応の不安定な部分が
カバネリであるというフィルターが一枚かかる事で
彼女を人との繋がりから遠ざける
「人」の理解の外側へと追いやる
甲鉄城の5-6

人でも屍でもないが故の悲哀

果たして
そんな彼女が
ひとつ信念を持つイコマとのかかわり合いの中で
新しい「自分」をみつけていけるのかどうか
そこが今回の危機状況を
覆すカギになっていくというところでしょうか
甲鉄城の5-5


▼関連記事
共に行くためのカタチ【アニメ 甲鉄城のカバネリ #4】
平時の器 戦時の器【アニメ 甲鉄城のカバネリ #3】
境界の矜持【アニメ 甲鉄城のカバネリ #2】
それだけは殺させないために【アニメ 甲鉄城のカバネリ #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/63622418
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4688
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/4987-d91ba779
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/13038-9186e4a7
http://luvnail.blog46.fc2.com/tb.php/4400-ccc7e371
http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/3902-8f69d675
[ 2016/05/13 19:11 ] 2016年6月終了 | TB(10) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

甲鉄城のカバネリ フジ(5/12)#05
第5話 逃げられぬ闇 生駒と無名のカバネリを味方として考える菖蒲たち。武士に噴流弾とカバネを利用してコーティングした日本刀を 手渡す生駒。武士たちとの共闘が始まる。 客車両では住民たちの揉め事が発生するが無名が 男たちを力づくで黙らせる。無名は用心棒だと云われて少し嬉しい。八代駅に到着するが反応がなく、助けを求める狼煙を発見する。カバネに襲撃された僅かな生存者から事情説明を聞く。その中に捨て...
[2016/05/13 19:24] ぬる~くまったりと
甲鉄城のカバネリ 第5話 逃げられぬ闇
無名ちゃんが・・・・・・・
[2016/05/13 20:23] ゴマーズ GOMARZ
甲鉄城のカバネリ #05
『逃げられぬ闇』
[2016/05/13 21:20] ぐ~たらにっき
甲鉄城のカバネリ 第5話 「逃げられぬ闇」 感想
無名ちゃんの存在理由と望む在り方。
[2016/05/13 22:18] Little Colors
【甲鉄城のカバネリ】 第5話『逃げられぬ闇』 キャプ付感想
甲鉄城のカバネリ 第5話『逃げられぬ闇』 感想(画像付) 無名ちゃんがまさかのピンチ!? あれほど無名ちゃんを焦らせる兄様って気になりますね。 カバネの黒煙ってあれは集合したカバネなのか? カバネリでも苦戦を強いられる強敵が出てきて、次回も気になる引き!! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
[2016/05/13 22:20] 空 と 夏 の 間 ...
甲鉄城のカバネリ#5
「それじゃあ、三十分目標で六根清浄ッ!」とばかりに今週も感想を書き殴っておきます。 ところで、11日にカバネリのエンディング曲が発売されましたね。もちろん買ったのじゃ!このエンディングがまたよくて、本編はずっと息を呑んで画面を見つめてるので、エンディングがかかった途端、ハ~ッと全身が一気に弛緩してカタルシス\(^o^)/さらに当然OPも気に入っていて、歌詞的にまさにカバネリの主題歌ですから...
[2016/05/13 22:25] 戌年生の猫舌猫手
甲鉄城のカバネリ 第5話「逃げられぬ闇」感想
金剛郭を目指す甲鉄城だったが、補給を受けに立ち寄った八代駅は既にカバネに飲み込まれ壊滅状態であった。 菖蒲たちは生き残った人々を救助し、八代駅が謎の“黒けぶり”に襲われた事を知る。 仕方なく補給を諦める事にした菖蒲達であったが、線路を瓦礫が塞いでおり進む事が出来ない。 生駒は蒸気クレーンを使い、瓦礫を撤去する計画を立案。 蒸気クレーンを動かす為に必要な...
[2016/05/13 23:17] アニメ色の株主優待
甲鉄城のカバネリ 第5話 『逃げられぬ闇』 私はカバネを切り裂く爪...。
粉瘤弾をくらえ~。生駒の技術でサムライたちの銃や刀もパワーアップ。こういう貢献すると居場所が出来ますね。喧嘩してたおっさん、無名に歯向かうとか勇者すぎるだろ。子供が怖がってるでしょうが!←オマエオナー。甲鉄城の幼心棒もとい用心棒と囃し立てられる無名。なにそれ、バカみたい(照れ)。素直じゃない無名が可愛い。  八代駅から警笛が帰ってこない→カバネに襲われたか?そん...
甲鉄城のカバネリ #05 「逃れられぬ闇」
== 私がここにいる理由 ==  どうも、管理人です。何というか、世の中は本当ままならないことばかりだなと思い知らされる今日この頃なのですが、やっぱり連休明けの仕事が大分しんどい。そんなわけで、この時点で精神力が削られてて、このテンションで感想をお届け。 === 無名:「子供が怖がってるでしょうが!」 ===  今回の話は、無名の暴走を描いた話。こういうの見てると「12歳」とい...
[2016/05/14 09:55] 戯れ言ちゃんねる
甲鉄城のカバネリ 第5話 「逃げられぬ闇」 感想
無名のメンタルについて分かった回だったかな?
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧