〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

廻る業の中で【アニメ 甲鉄城のカバネリ #11】


甲鉄城のカバネリ
11
燃える命

人を殺すのは人
そこに巣食う闇

虚栄
虚飾
恐怖
諦念

それは廻りまわる

それは永劫か
それは逃れられぬ運命か
それとも…


それは子供の駄々なのだろう
慟哭なのだろう
ままならないセカイへの
手に入らない憧憬への
失ったキラメキへの

突き放された子供
美馬はついに
その復讐の刃を父へと届かせ

残ったのは虚無
あとはひたすら
何もかもを壊すのみ

イコマ
奪われて
失くして
立ち上がって
それでも届かなくて
もう何も願うモノは手に入らないと
心尽き果てた
されど
まだ一筋の光明は残っていた

己刺したムメイの刃に見た
彼女の手ゴコロ
まだ残る心を

だから
この手を届かせる
ムメイに

それはあの日
届かなかった
昨日
届かなかった
妹へ、タクミへと伸ばした手
そのもので

だから
この手、伸ばすのは否定
自らの生は
ただ奪われるためだけのモノではなかったと

そして
示すため

手を伸ばせば
手に入れることはできるのだと
自らが誇れる自分を

この生に意味を
尊厳を
だから
今、全てを燃やす
後に残すモノを
後悔にしないために

今度こそ
俺は俺の誇れる俺になる
甲鉄城の11

再臨のツンデレw
甲鉄城の11-2
の見込み違いだったな

それは俺が決める―


行方不明のクルスさん帰ってきたー(;´Д`)

ふぬけたイコマにいら立つも
他人にけなされるとけれちゃうとか
クルスさんったら
相変わらず素敵なツンデレなんだからw

▼関連記事
慟哭の行き先【アニメ 甲鉄城のカバネリ #10】
等しく訪れる【アニメ 甲鉄城のカバネリ #9】
其が瞳に映すセカイの貌【アニメ 甲鉄城のカバネリ #8】
たとえ朧な明日であろうとも【アニメ 甲鉄城のカバネリ #7】
その狭間を越えて【アニメ 甲鉄城のカバネリ #6】
惑う境界者【アニメ 甲鉄城のカバネリ #5】
共に行くためのカタチ【アニメ 甲鉄城のカバネリ #4】
平時の器 戦時の器【アニメ 甲鉄城のカバネリ #3】
境界の矜持【アニメ 甲鉄城のカバネリ #2】
それだけは殺させないために【アニメ 甲鉄城のカバネリ #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4756
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2016-06-25/trackback
http://luvnail.blog46.fc2.com/tb.php/4450-49949092
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/63823142
http://blog.so-net.ne.jp/gomarz/2016-06-25/trackback
[ 2016/06/26 04:31 ] 2016年6月終了 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

甲鉄城のカバネリ フジ(6/23)#11
第11話 燃える命 逞生の死を悲しむ鰍、狩方衆も恐れない。逆に気圧された狩方衆が撤収する。 美馬の父親で将軍の興匡は、幼い息子でさえも怖がった。そんな金剛郭を破壊するため無名に投薬してヌエと化す。過剰な情報は恐れを産むと黒ケブリをひた隠す将軍。 甲鉄城が入城を許される。美馬のシナリオで磐戸駅を襲撃した反乱者を捕まえたと 菖蒲が美馬を連行する。金剛郭の検疫は3日間の入牢だった。 生駒は生きてい...
[2016/06/26 06:10] ぬる~くまったりと
甲鉄城のカバネリ 第11話 「燃える命」 感想
萌やせよ命。
[2016/06/26 15:40] Little Colors
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧