〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

そして、最期の神話は走りだし―【アニメ 終末のイゼッタ #4】


アニメ 終末のイゼッタ
4話 
魔女の秘密

そして
人の手により
最後の神話は作りあげられていく
その象徴へと祭り上げられる魔女と姫
それは
語り継がれる祝福のはじまりか
はたまた
逃れられない呪いの始まりか…



誰もが自由に明日を願える世界を
見せて下さい―

終末のイゼッタ4-3
魔女は対価を示し
姫はその生涯を捧げる事を誓う
交わしたのは
絵空事とも言える大きな大きな願い
お伽噺の1ページのような
その瞬間にあったのは
温かな交流

けれども
彼女たちの行く末に待つものは
未だ見えず

強い言の葉は力を持つ
そのチカラは
心支える光になる事もあれば
逃れられぬ枷となる事もある

物語の果て
この交わした誓いが
彼女たちにもたらすのは
果たして祝福か、呪いか


終末のイゼッタ
第4話
父親である太閤が亡くなり
未だ敵国の脅威が残る中
フィーネ姫はエイルシュタット女王としての即位を決め
苦渋の決断
友である魔女・イゼッタへの協力を要請する

その中で明らかになる
魔女のチカラの欠点
大地にマナあふれる場所でしか使えない―
その欠点を踏まえ
エイルシュタットの重鎮たちは
マスメディアまで総動員
イゼッタを大々的に
白き魔女の再来として喧伝することで
抑止力効果を狙う事に注力していく事に

物語としては
フィーネを慕う
健気なちぴっこメイドや
ちょっとズレてそうな堅物っぽい護衛騎士さんやらと
イゼッタの微笑ましい交流で和やかな雰囲気もありつつ
終末のイゼッタ4-2
作られる神話の象徴として
祭り上げられていく事になるイゼッタの
行く末に不安感を煽る展開で
いい感じに物語に引き込まれて行きます

イゼッタの祖母が
忠告として残していた
白き魔女のようになってはいけない
「裏切り」の魔女には―
という言葉の真相もまた
不穏さ全開
気になるところです

古今東西
力もった聖女の行き着く先は
中々幸せなモノになりづらいモノですが
イゼッタさんの行く末は果たして…


▼関連記事
凱歌誘う終末に―【アニメ 終末のイゼッタ #3】
どこかで、そのお伽噺が永遠輝くコトを願えども―【アニメ 終末のイゼッタ #2】
それは語られる最期の一篇のはじまりか―【アニメ 終末のイゼッタ #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/1219-103783c2
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/64388272
[ 2016/10/23 20:28 ] 2016年12月終了 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

終末のイゼッタ TokyoMX(10/22)#04
第4話 魔女の秘密 エイルシュタット公国の首都ランツブルグの居城に 戻ったフィーネを待っていたのは父親の死。このことは伏せておいて、私の即位式で明らかにする。未だ戦場となっている国境が複数存在するから。それに白き魔女のお力は借りられないのですか。イゼッタに強制はできない。 目覚めたイゼッタは天蓋付きのベッドで眠るなど恐れ多いと恐縮しきり。フィーネ付きのメイド、ロッテがイゼッタの身の回りお世話...
[2016/10/23 22:31] ぬる~くまったりと
終末のイゼッタ #4 「魔女の秘密」
終末のイゼッタ 4話の感想です。 イゼッタの魔法。 いつでもどこでも魔法を使えるわけではなく レイラインなる魔力の源が必要だと。 で 城では一切使えないらしい。 全く使えないっていうのは違和感がありますが・・・ 不要になったらいつでも殺せるっていうフラグにしか。。 さらには 城の地下にあった魔女の秘密のレイラインの地図まで公表! 魔法のことといい 信頼してい...
[2016/10/26 18:27] シバウマランド@
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧