FC2ブログ

あばんちゅ~る【アニメ あの夏で待ってる#6】

あの夏で待ってる 3 (初回限定版) [Blu-ray]あの夏で待ってる 3 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/05/25)
戸松遥、島崎信長 他

商品詳細を見る

アニメ あの夏で待ってる
第6話 先輩にライバル。

あばんちゅ~るって
何か沖縄の方言っぽくみえます
そんな訳で
いきなりの沖縄編
新キャラ投入
いっそ清々しいまでの
古典的ラブコメのお約束大量投入です
個人的には予想外な沖縄編突入

流れとして地域密着
味わいのあるちょっと田舎な街での
ノスタルジーを纏わせた
ラブコメで押していくと思ってました

そして、さらに
不意をつかれた新キャラ投入
あの夏6-2

小学生の頃の同級生
クラスでカップル扱いされたことありで
海人が初恋だったりするっぽい木下さん
これまたストライクなキャラがキマシタ~な感じでした

幼い頃の癖がわかる距離感
未だに残っている
幼い頃の恋心
あの夏6-3

現在、一番距離の近かった女友達だった柑菜と
幼馴染だった木下さん

そんな三角関係話だけでも十分面白くなった気も
それだけに
ここでこんな新キャラ投入して
収拾つくのかしらんという感想もあったりなかったり

主要キャラにはなり得ないだろうし
もったいない~な感じです

何というか私としては
イチカ先輩よりその周りの女性陣に
魅力を感じるシリーズですね~

新キャラ投入によって
美桜の哲郎への気持ちがより表面に出てきて
彼女もより可愛らしく描かれるようになりましたし
あの夏6
▲この硬直しつつもそっとスカートを直す仕草はツボでした

やきもち焼いたり焼かれたり
全体の流れはともかく
楽しめるラブコメシチュエーション
という点においては
毎回、外さない作品です

● 関連記事
やっちまった~【アニメ あの夏で待ってる #5】
進んだり戻ったりしながら【アニメ あの夏で待ってる #4】
若いってことは【アニメ あの夏で待ってる #3】 
おねがいな系譜【あの夏で待ってる #1#2】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

0 Comments

10 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  あの夏で待ってる #6
  • 【先輩にライバル。】 あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]出演:戸松遥ジェネオン・ユニバーサル(2012-03-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 裸じゃないと寝れないのね・・・ 
  • 2012.02.15 (Wed) 21:27 | 桜詩〜SAKURAUTA〜
この記事へのトラックバック
  •  あの夏で待ってる 6話
  • ああ、やっぱりはいてなかったか。 というわけで、 「あの夏で待ってる」6話 気が気じゃない夏の巻。 前回ラストの代理告白もそうなんだけど、 今回の自称婚約者さんによる武
  • 2012.02.15 (Wed) 22:35 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  あの夏で待ってる 第06話 『先輩にライバル。』
  • 覚悟った柑菜。沖縄で思い切ってビキニを披露。柑菜は頑張りました、証拠に海人の目も釘付け。 しかしそれは一瞬。圧倒的なイチカのおっぱい力の前に撃沈。水着はやはり乳がモノ...
  • 2012.02.16 (Thu) 00:11 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  あの夏で待ってる 第6話 感想「先輩にライバル。」
  • あの夏で待ってるですが、霧島海人たちは沖縄の海に行くことになります。貴月イチカ、谷川柑菜、北原美桜、山乃檸檬も水着ですが、美桜は肌が弱くてパーカーが脱げない、檸檬はスク...
  • 2012.02.16 (Thu) 00:43 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  あの夏で待ってる 第6話
  • 『あの夏で待ってる』の6話は、『おねがいシリーズ』と同様に沖縄へ。海人の小学生時代のクラスメイト・樹下佳織と肉食系の有沢千春の登場。佳織は茅野愛衣さんで、千春は井口裕香 ...
  • 2012.02.19 (Sun) 13:17 | ホビーに萌える魂
この記事へのトラックバック
  •  『あの夏で待ってる』#6「先輩にライバル。」
  • 「本当、沖縄に来ることができてよかったわね、海人君」 哲朗が独断で柑菜が好きなのは海人なのだと、本人に伝えてしまった! イチカもそれを聞いてしまい、複雑そうな面持ちだっ...
  • 2012.02.19 (Sun) 21:21 | ジャスタウェイの日記☆