FC2ブログ

プロとして、人として【放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)】

放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)
(2012/02/13)
日生 マユ

商品詳細を見る

保健室の先生として新しくやってきたのは
本職の医者である牧野先生
口も態度もでかくてとっつき辛そうな彼が
子供たちの小さな病気のサインを見逃すことなく
すくいあげるヒューマンドラマ


間の演出、画面の白の使い方に巧く、
苦しみを見つけてもらったときの
零れ落ちる静かな感情の発露で
特にその巧さを感じました
画面の生む静謐感が学校特有の
雰囲気をよく出しているようにも思います

病気と向き合ったことで
前向きになる各話ラストの子供たちの晴れ晴れとした表情が
温かくさわやかで読後感もよくおススメです
牧野先生は
普段の態度が尊大ではありますが
子供たちをよく見ていて
子供たちの小さな病気のサインも見逃さない

よく見てあげることの大切さ
説教臭く説いて回る訳ではなく
実際の行動でもってしてそれを示し

周りの教師、大人たちが
気づかされ、改めて自戒する

そこには尊敬できるプロ意識を
感じずにはいられません

「私を初めて見つけてくれた先生だよ」

1話ラストで助けられた児童が
牧野先生を評したこの言葉、このシーンが
牧野先生の本質
この作品の肝を示しているのではと思います

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

0 Comments