〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

だけど、今この時だけは―【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #7】


アニメ 響け!ユーフォニアム 2
7話 えきびるコンサート
駅ビルでの補欠含めた全員参加の演奏会を前に
北宇治吹部に舞い込んだ火種
それはいつも飄々としている
あすかに纏わる
メンバーたちにとってはとても唐突なモノで―


分かり合うなんて事、不可能だとしても
今、このときだけは
きっと繋がれている―



退部の危機に立つ
あすかの事情と
吹部メンバーの想いと

母子家庭のひとり娘
ヒステリー気味の母親の期待を一身に背負う

何でも卒なくこなす
「特別」な副部長・あすか

でも
彼女には彼女の抱えるモノがあった

だから
彼女もまたたったひとりの「特別」ではなく
わたしたちと同じ「特別」
ユーフォ2期7-4

そんな「特別」の実際を
あすかは知っているからこそ
時に仲間に対しても一線を引いたような
冷めた目線を投げているかのように見えたのでしょうか

それは
全国を目指し
長い時間を共に戦っていても
各々のバックボーンまでは共有できない
他人はどこまでいっても他人同士
相手の事情はどこまでいっても他人事以上になりはしないから
そんな達観があったのかなと感じました

一方で

けれども
だからこそ

この瞬間
たったひとつの目標を胸に
今、この瞬間に最高の音を奏でる
音を奏でるこの時間だけは繋がっている
他人事ではなく
確かに互いに互いを支え合えられる
そんな時間である事を確信できるのかもしれない

それが
彼女たちが今この時、「全て」だと感じているのであろう
客観的に見ればたわいのない
だけどその時間を生きる彼女たちには
譲れない「部活」という時間
「青春」という輝きだったりするのだろうか

頼りなげながらも
譲れない「本気」がある部長はるかの
想いのこもった語りと
応える
りぼんちゃんの「舐めないでください」にこもる熱量
それを総意だと頷く仲間たち
ユーフォ2期7-8

そして
駅ビルコンサートの演奏描写では
各々がそれぞれが先陣切って音を奏でるカットありで
そこからも
それぞれがそれぞれに「本気」を
持っている事が見える

輝いていますね
まぶしい


そんなこんなで
あすか先輩の事情が垣間見られた
第7話
根本解決はしてないように見えますが
彼女を支えるモノの確かさが見える熱い回でしたでしょうか
ユーフォ2期7-7

はるか、かおり、あすかの
語られはしないけれど
きっとあったと確信できる
積み上げてきた時間
それが彼女たちの中で占める大きさを感じられる当りが
描写の丁寧さを物語っていた感

そして
3年生たちを主眼にしつつも
脇の描写も怠らない

「同じ時間を重ねたからこそ」
そんな主題をメインの3年生ズだけでなく
1年生たちのやり取りからも補完する

聴衆の前での演奏経験の少ない補欠・葉月の緊張を
解すために麗奈が口にした励ましもまた
入学当初の彼女からは絶対出なかった言葉でしょう
それは同じ時間を過ごし
共に奏でる音から
どれだけ真摯に音と向き合ってきたから
互いに知れているが故
その積み重ね
それが3年間、積み上げられた先に
あすか、はるか、かおりたちのような関係がある

青春です

そんな中
姉妹として
吹奏楽を楽しむモノとして
同じ時間を共有していた事のあるはずの
黄前ちゃん姉の迷い
中々に引っ張りますが
次回あたり踏み込んでいくのかしらん
久美子さんがどう絡んでいくのか含め
注目です
ユーフォ2期7


【追記】
物語の横糸
久美子の友人
他校、立華の梓
ユーフォ2期7-2
ユーフォ2期7-3
第3者からの視点を入れる事で
北宇治の時間が本物である事を伝える役どころとして
機能していた感
完全な第3者ではなく
過去の久美子を知るからこその部分
同じ吹部を志すモノだからの部分と相まって
いいお話の支えになっているかなと感じました

外伝的シリーズで
主役を張っているようで
一度そちらのお話も
読んでみたいと思わせるものがありました^^


▼関連記事
その帳の向こうに垣間見て【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #6】
軌跡が奏でる12分【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #5】
わたしの『特別』をのせて―【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #4】
奏でる音色は違えども―【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #3】
それでも、手放す事が出来ないから―【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #2】
だから、この季節を全力で駆けてみせる【アニメ 響け!ユーフォニアム2 #1】

【1期】
そうして物語は紡がれて―【アニメ 響け!ユーフォニアム #13(終)】
だから、わたしは手を伸ばし―【アニメ 響け!ユーフォニアム #12】
清濁混交飲み込んで―【アニメ 響け!ユーフォニアム #11】
私の「正しい」を信じて―【アニメ 響け!ユーフォニアム #10】
愛と青春の陰影【アニメ 響け!ユーフォニアム #9】
「私」だけの音律で―【アニメ 響け!ユーフォニアム #8】
キミだから出来る事【アニメ 響け!ユーフォニアム #7】
だから奏でてる―【アニメ 響け!ユーフォニアム #6】
そして、わたしたちは走りだした―【アニメ 響け!ユーフォニアム #5】
それでしか得られないモノもある【アニメ 響け!ユーフォニアム #4】
澱む旋律の中で―【アニメ 響け!ユーフォニアム #3】
望むは凪、されども―【アニメ 響け!ユーフォニアム #2】
桜舞う季節、静かに緩やかに始まる【アニメ 響け!ユーフォニアム #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2075-a0984b7d
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4961
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/5353-a13ca0b5
[ 2016/11/20 16:43 ] 2016年12月終了 | TB(5) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

特別にしていた/響け!ユーフォニアム2 7話感想
 これで黙らないやつがいるのだろうか(反問)
[2016/11/20 20:04] Wisp-Blog
響け!ユーフォニアム2 第7話 『えきびるコンサート』 あすかママン襲来!そして滝先生「何ですか、これ」再び。
あれ口癖だったんでしょうか、ダメ出しするときの。前回のラストで登場した女性は…田中あすかの母。スカウトかな?って期待もあったんですが違いましたね。一つ解決するとまた一つ問題が上がる北宇治高校吹奏楽部。ここでとんでもない波乱が起きてしまいました。 あすかが退部?どうやら本人じゃなくて母親の意志の模様。あすかは別に吹奏楽で推薦狙っているわけじゃない。彼女は優秀ですが、去年までの北宇...
響け!ユーフォニアム2 第七話  『えきびるコンサート』
田中あすかの母親が学校に殴り込みに来た!? やはり、母娘ですね。 強気なところは、そっくりですね。 母親が勝手に北宇治高校吹奏楽部の退部届を出すなんて 田中あすかの母親は、教育ママなのね。 ここにきて田中あすかは、北宇治高校吹奏楽部が 退部ですって! そっか。そっか。 それは、がせネタだったのね。 駅ビルコ...
[2016/11/21 22:27] 奥深くの密林
響け!ユーフォニアム2 第7話「えきびるコンサート」
荒ぶるあすか先輩ママン! 麻美子お姉ちゃんよどこへゆく… どう解決を見るのか中盤のトラブル2件。 あすかママンは自分の理想から娘が外れちゃうのに超ナーバスで、しかし娘には嫌われたくないという。 お姉ちゃんは迷い道どっぷり、こっちのほうが事態は深刻か。 あすか先輩はもっと仲間を頼ってもいいと思うけど、性格なんでしょうね。 部活休んでたのに、駅ビルコンサートでみん...
[2016/11/23 21:51] のらりんすけっち
響け!ユーフォニアム2 TokyoMX(11/16)#07
第7話 えきびるコンサート 滝先生の決定で駅ビルコンサートに参加することになった。どうやら全国大会金賞の常連、清良女子高校も参加するらしい。CDを発売すれば売上ランキング上位に入るプロ顔負けの学校。学祭位以外で皆と演奏するのが初めての葉月には嬉しいイベント。 日直で職員室にノートを運ぶ久美子。あすかの母、明美が滝先生と教頭先生に怒鳴っていた。吹奏楽部を辞めさせたい、音大へ推薦入学するわけでも...
[2016/11/24 10:02] ぬる~くまったりと
本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧