〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

冴えないふたりのゴールの迎えかたと…【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(10) (ビッグガンガンコミックス)】


冴えない彼女の育てかた
パラレルワールド
ifルート!

個別ルートコミカライズ
腹黒乙女でラノベ作家な詩羽先輩ルート
恋するメトロノーム
10

先輩の乙女な魅力
素晴らしいシリーズですが
相方のオリジナルキャラ・真由の魅力の成長ぶりも侮れないし
ストーリー運びも
しっかり骨がある出色のifシリーズ
ついに堂々の完結!

冴えないふたりのひとつのゴールの迎えかたと…
新しい物語への向かいかた



ライトノベル版の原作の完結を経て
ついにメインヒロイン交代のスピンオフである本作も
堂々の完結

冴えない彼女のヒロインif含めて
コミカライズは数あれど
個人的には頭ひとつもふたつも飛び出ていると思っている
本作のEDも原作に十分に匹敵する
熱く、ぐっとくる締めでした

詩羽先輩の作品
そのアニメ化、原作の完結が
たくさんの人たちとの出会い
真摯に向き合う事で味方につけてきた事により
最高の成功へと駆け上がっていく
その勢いのままに向かえたエンディングに大満足でございました^^
ひとつの作品に惚れこんで
関わってみんなの力で創作していく
この古くは学校の文化祭的ともいえる
お祭り的熱量はやっぱりオタクの浪漫ですね(笑


本作は
原作では描き切れなかった
詩羽先輩の乙女部分が増し増し
メインヒロインとして詩羽先輩の魅力が爆発していたのが
作品の核ではありますが
加えて
土台であるストーリーも原作とは違う方向に進みつつも
単発のエピソードで終わらず
詩羽と倫也が作家と編集者として
困難を乗り越えていく長編ストーリーとしての構成の良さもあり
よりキャラクターの魅力が生きていたなぁという印象でした

そして、何より
名サブヒロインとなった嵯峨野さんの存在

原作の英梨々とはまた一味違うけど
倫也と詩羽の無二の戦友として
抜群の魅力を放つキャラとなった彼女の功績の大きさでしょうか

倫也や詩羽との関係性
テンポの良い掛け合いは冴えカノらくい楽しいモノで
スピオフオリジナルキャラながら
しっかりと世界観に溶け込み、
メインの詩羽先輩に負けない魅力ある好きなキャラクターとなりました(∩´∀`)∩

この最終巻でも
倫也、詩羽の同じ作品を創りあげる戦友としての立ち位置
3人で盛り上がっていく姿は熱かったですし

サブヒロインとしても
しっかりと魅せ所あり

立ち止まった男の子の背中を
自分の涙をぐっとのみ込んで押してやる
そんな強さを
言葉だけでなく表情でも
そんな作劇での魅せもあって
最後まで輝いていましたね

その点は嵯峨野さんだけに限らずで
可愛らしさはもちろん
いろいろな感情を読みとれる作劇の巧さ、魅力も
この作品を支えた大きな屋台骨でした

そんなこんなで
約4年、10巻という長丁場を最後まで
スピンオフ作品として
原作のキャラの魅力をもう一歩深く引きだしつつ
「恋するメトロノーム」として
本筋の小さな枝葉ではなく、並列する世界観
ひとつのパラレルワールドをしっかりと作りあげきった
そんな素敵な作品でした^^

そんなこんなで
またひとつ冴えない彼女シリーズが
ひとつ区切りを迎えましたが
改めてまた
丸戸さんの世界観、キャラクターはやはり好きだなぁと感じた次第

また新しい作品も拝見したい所ですが
一方で冴え彼としても
劇場版というもう一山
楽しませてもらえそうな展開も決まっていますし
ファンとしては期待して待ちたい所です^^



▼関連記事
アニメ2期
冴えないふたりの仕切り直しかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #8】
悩み手探るNEXT STEPのつかみかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #7】
それはきっとたったひとつの冴えないやりかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #6】
いつしか見失ったその壁との向き合いかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #5】
乙女だけど創作者だからの応えかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #4】
ありがちな暗雲の忍び寄りかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #3】
冴えないラノベ作家の委ねかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #2】
そんな合縁奇縁の育てかた【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #1】
創作者たちの前夜祭【アニメ 冴えない彼女の育てかた♭ #0】

●ラノベ原作
それはまだ宛先のない描きかけのラブレター【冴えない彼女の育てかた (9) (ファンタジア文庫)】
最凶無敵の相方と行く―【冴えない彼女の育てかた (8) (富士見ファンタジア文庫)】
熟年夫婦な前日譚【冴えない彼女の育てかた ドラゴン マガジン 2015年 05 月号】
冴えない彼らの羽ばたきかた【冴えない彼女の育てかた (7) (ファンタジア文庫)】
貴方に贈るは最大級の―【ドラゴンマガジン2015年 01月号】
いわゆる不倶戴天or生涯の…【ドラゴンマガジン2014年 07月号】
どうして【冴えない彼女の育てかた 6 (富士見ファンタジア文庫)】
パンドラの箱の底には希望があったよねw【冴えない彼女の育てかた(ドラゴンマガジン2014年 05月号)】
彼女の本気の示しかた【冴えない彼女の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)】
冴えない彼女のそだてかたFD【ドラゴンマガジン 2013年 11月号 [雑誌]】
ベタベタがいい【冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)】
カッコつけなんてできない、したくない【冴えない彼女の育てかた 3 (富士見ファンタジア文庫)】
まるごとで愛しい【冴えない彼女の育てかた2 (富士見ファンタジア文庫)】
丸戸節炸裂なボーイミーツガール【冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)】

●アニメ1期
おまえが思うよりちょっとだけ世界は―【アニメ 冴えない彼女の育てかた #12(終)】
これが彼女たちの平常運転【アニメ 冴えない彼女の育てかた #0】




●コミカライズ
任されたい戦場での戦いかた【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(7) (ビッグガンガンコミックス)】
譲れない彼女たちの創りかた【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(6) (ビッグガンガンコミックス)】
創作者たちは荒野を目指す【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(5) (ビッグガンガンコミックス)】
想いのせ、言の葉紡ぐ乙女の―【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(4) (ビッグガンガンコミックス)】
共振する Creator's Souls【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(3) (ビッグガンガンコミックス)】
まだ見ぬ地平へ【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(2) (ビッグガンガンコミックス)】
詩さんのいいとこ見てみたい^^【冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム(1) (ビッグガンガンコミックス)】


[ 2018/06/30 09:27 ] コミック 少年・青年 | TB(0) | CM(2)
完結おめでとうございます
こんにちは。

詩羽先輩ルート、完結したんですね。詩羽先輩が好みで確か3巻か4巻くらいまでは読んでいた記憶があります。確か英梨々ルートのスピンオフもありましたよね? 一つの作品で、それぞれのヒロインによるルートがIFとはいえ描かれるというのは、やはり『冴えカノ』が持つポテンシャルの高さ、というものなんですかね。

個人的には美智留も好きなのですが、あまりスポットライトが当たらないのでそういった路線も今後あればなぁと勝手に思ったり(笑
[ 2018/07/01 15:24 ] [ 編集 ]
Re: 完結おめでとうございます
コメントありがとうございます

原作者・丸戸さんは
メインヒロインを魅力的に描くのが巧いという印象を持ってますが
それは周りのキャラを立てる事で更に立てるような
お話づくりの妙から来ていると感じているので
どのキャラも独り立ちできるだけのポテンシャルがあるんじゃないかな、と
信者的な部分ありますが思っております(笑
美智留然り、波島ちゃん然り
more出番的でもみんな魅力的^^

冴えカノについては
本作以外のスピンオフやコミカライズが
原作のダイジェストな印象で
個人的には結局さらっと印象に残らなかったのに対して
オリジナルストーリー路線に入っていったのも
本作を最後まで楽しめた要因でしたでしょうか

冴えカノのテイストに忌避感がなく
詩羽先輩がお好きであれば
この完結に読んでみる事もお勧めです^^
[ 2018/07/01 18:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧