FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

今なら、ここなら言える想いから【アニメ 色づく世界の明日から #10】


アニメ
色づく世界の明日から
10
モノクロのクレヨン

ずっと独りで抱え込んできたモノがある
それで失ってしまった色もある
でも
今ならここなら
言葉に出来る
分かち合える貴方がいるから

だからここからきっと始まる
失った色を取り戻すためのそれが




相談にのってくれてありがとう、嬉しかった―
追いかけてきてくれて、本当は嬉しくて―


将の告白からぎくしゃくした
瞳美とあさぎ
余計な言葉を零してしまった自覚のあるあさぎからは
仕切り直しにくい気まずい距離
以前の瞳美ならどうしたらいいのか分からなくて
あきらめていたであろう距離だけど
追いかけてもらった
変わろうとしてきた今の瞳美は
不器用ながらも自分が何をしたいかを見定め
歩み寄ろうとできる
その気持ちがあるから
飾らない気持ちで言葉を交わせばまた近づける
そんな友達に今はふたりがなれている事の青春的尊さよ^^
色づく10-3
色づく10-4

そんなふうに
この時代で育んできた絆を確かめながら
迎えるのは文化祭での部活展示
魔法美術写真部は
唯翔の絵の中に瞳美と琥珀の魔法で入るイベントを企画することに

本番に向けて
それぞれが前向きに変わった想いで
筆を取り、魔法を磨く

迎えるリハーサル
見事絵の中に入りこむことに成功した先で
唯翔は瞳美が色を見れない原因である彼女の過去、その心に触れることに
色づく10

第10話
この時代での瞳美の前向きな成長を経て
いよいよ物語の核心
瞳美がここに来た理由、過去のキズ
正面からに向き合い出す
といったところでしたでしょうか

幼い頃
一番大切な絆だったであろう
母親との絆を切り裂いたのは魔法だった

魔法一家の中で
唯一魔法が使えなかった母と使えてしまった娘
その顛末

理不尽な悲しみにささされて
それをどうする事も出来なかった
寄り添ってくれる誰かがいなかった
その時の瞳美に出来たのは
自分を責める事だけ

でも
今は違うから
彼女に自分を責めなくていい
理不尽な出来事のせいで抱え込んでしまった
その感情を吐きだしていいと
寄り添ってくれる人がいる

そんなふうに
想いを吐きだせる場所があると思える

それはこの時代に来たからこそ
瞳美が得られたモノ
彼女がこの時代にきた「意味」になり得るのモノ
でも
きっとそれだけではない
未来の琥珀が瞳美に何を願って過去へ送りだしたのか

いよいよ物語が終幕へ向けて動きだすという処でしょうか

▼関連記事
さまよう想いを言葉にする事から【アニメ 色づく世界の明日から #9】
煌めく記憶の想いから―【アニメ 色づく世界の明日から #8】
その俯く顔を上げることから―【アニメ 色づく世界の明日から #7】
痛みを伴う距離をたくさん知った分だけ―【アニメ 色づく世界の明日から #6】
色づく明日へ近づく為に―【アニメ 色づく世界の明日から #5】
色づく今日のはじまりの予感から【アニメ 色づく世界の明日から #4】
色とりどりに違う世界を見ているから―【アニメ 色づく世界の明日から #3】
ひとつひとつの交錯から―【アニメ 色づく世界の明日から #2】
世界色づく出会いから―【アニメ 色づく世界の明日から #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/5387-1fcb8ea1
[ 2018/12/08 11:45 ] アニメ(視聴中) | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

色づく世界の明日から 第十話 『モノクロのクレヨン』
あさぴゃんにあからさまに避けられる月白瞳美。 月白瞳美は意識していないけど、風野あさぎにとって 月白瞳美は恋敵ですから。 魔法部のイベントは、絵の中にお客さんを 正体するですって? それって月白瞳美が葵唯翔の描いた絵の中に 無意識に入ったときと同じことをするのかな? amzn_assoc_a...
[2018/12/09 00:32] 奥深くの密林
色づく世界の明日から TBS(12/07)#10
第10話 モノクロのクレヨン 山吹部長が好きなあさぎとは気まずい状態になってしまう。 部活も早々に野外撮影と告げて去っていくあさぎを追いかける瞳美。 初めての友達だから話し合いたい。あさぎも自分が八つ当たりしているのは分かっている。 スイーツを食べて正直に話し合うと仲直りできた。 カラオケに行くと琥珀と胡桃は弾ける。 琥珀は文化祭で魔法部とし...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧