FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

新しい季節に繋がった【アニメ この音とまれ! #1】


アニメ 
この音とまれ! 
1
新入部員

原作既読で非常にお勧めな
青春部活動モノな作品

先輩が抜け
ひとりっきりとなった
箏(コト)を演奏する筝曲部
そこにどう見ても不良な
問題新入生が入部希望者だと現れて…

ひとり、またひとりと
増えていく仲間
時にぶつかり合いながらも
箏の音色に、共に演奏するその時間に魅了された部員たちは
一丸となり全国大会へ向けて全力で立ち向かう
青春部活モノど直球な作品

挫けそうになりながらも
立ちはだかる様々な壁に真っ向からぶつかっていく
登場人物たちが
実に青臭く純粋で熱い!

主人公を初めとした各部員たちの恋愛模様も
実に初々しく清々しい作品

という具合に好きな作品なので
どんなアニメ化になっていくのか、期待膨らむところです

以下1話感想



ちゃんと分かってる―
この音1

受験の失敗から引き揚げてくれた
守りたいかけがえのない場所
先輩から受け継いだその場所―筝曲部を守りたいと思いつつも
現実は
不良のたまり場にされ
誰にも分かってもらえない部長・武蔵

彼ひとりのその部にやってきたのは
警察沙汰を起こしたと評判最悪の一人の新入生・チカ
その出会いから始まる青春部活ストーリー開幕の第1話

札付きの新入部員チカの本当の顔は
自分の軽率な行動により大切な人を巻き込んで
失った過去を悔い
不器用ながらもまっすぐに歩きだしたいという真っ直ぐさのある少年

そんなチカの本質に気づき
決めつけで拒否した自分の非を認められる武蔵もまた
不器用ながらまっすぐな少年なのだろう

互いにそんな真っ直ぐな心根を持っているからこそ
表向き接点を持つ事などなさそうな二人の道が交わり
新しい時間が始まるというのは出会いの妙の王道でしょうか

チカにとっては
喧嘩に明け暮れていた身から出た錆の部分があるとはいえ
過去に大切な人を失ったときと同じように
自分を改めようと思った先でも
誰一人として自分の言葉を信じてくれない中
かつて一人だけいた理解者のように
「ちゃんとわかってくれる人」と出会えたことは
何より大きい事だったのでしょうね

それは「この場所を守りたい」と願いつつも
現状を打開できていなかった武蔵にとっても

チカの色々と乱暴だけど
「守るために動かなかきゃ」と思わせる真っ直ぐな言葉に
背中を押された武蔵もまた同じくらい響く言葉だったというところでしょうか

そんな新しい季節に
ふたりの出会いが繋がり
筝曲部のバトンが繋がり
筝曲部に新しい時間が確かに始まる―


▼関連記事
同じ時間を過ごすなら【この音とまれ! 19(ジャンプコミックス)】
君がいてくれたから―【この音とまれ! 18 (ジャンプコミックス)】
晴れやかに【この音とまれ! 14 (ジャンプコミックス)】
とどけ!【この音とまれ! 13巻(ジャンプコミック)】





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
[ 2019/04/07 10:03 ] 2019年6月終了 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

この音とまれ! BS11(4/07)#01新
第1話 新入部員 箏曲部の唯一の部員、倉田武蔵。目指す高校の入試に失敗して入った高校。そこで先輩たちに誘われて箏曲部に入った。 女子4人が卒業して1人だけとなり新入生の勧誘が急務。 しかし部室は不良たちに占拠されていた。そこに西中で警察沙汰となった久遠愛が入部に訪れた。 友人の高岡鉄生と共に、不良たちを追い払う。しかし、倉田は久遠の一方的な態度に入部を断る。&n...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧