FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

断ちきれないモノがあるが故【アニメ Fairy gone フェアリーゴーン #4】


アニメ Fairy gone フェアリーゴーン
4
せっかち家政婦とわがまま芸術家

理性では断ち切るべきだと思っていても
感性が、心がそれをきっと断ちきれないからこそ
ふたりは再び邂逅する



大丈夫、悪い事なんて絶対起こらないから―

彼女の言葉が木霊する
それは支えであり、呪縛ともなりえるか

第4話

妖精の書を巡り
複製勢力が入り乱れる中
政府の狗としての立場で
故郷を失くして
残った唯一の心の支えとして
同じく同郷の生き残りであるベルを追い続けるマーリヤ

いろいろなモノを失い
不幸にも見舞われ
恐らく幼い日より忌避されていた所がありそうな彼女を支えるのは
孤独の日々を一緒に過ごしてくれたベルから
幼い日にかけてもらった言葉

その言葉の全てが否定されない限り
マーリヤはきっとベルを追い続けるしかない

そして
それをきっと知りつつも
マーリヤを突き放しきる事が出来ない程に
ベルにもマーリヤに想うものがある

マーリヤの危機に現れたベルの姿にそんな胸の内を見た


▼関連記事
争奪戦、三つ巴へ【アニメ Fairy gone フェアリーゴーン #3】
変わらない懐かしい顔、分からない今見せる顔【アニメ Fairy gone フェアリーゴーン #2】
内に秘めたるに―【アニメ Fairy gone フェアリーゴーン #1】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

にほんブログ村テーマ アニメへ
アニメ

https://tiwaha.blog.fc2.com/tb.php/2469-7437ef1e
[ 2019/04/29 09:04 ] 2019年6月終了 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Fairly Gone BS11(4/28)#04
第4話 せっかち家政婦とわがまま芸術家 スウィーティの妖精は相手にも同じ痛みを与える特殊な存在だった。フリーも妖精を繰り出すが手を拱いている。 マーリヤが黒の妖精書を奪われないようにと飛び出す。 妖精を繰り出してスウィーティと我慢比べなら負けないと押し切る。 スウィーティーが撤退したので妖精書は無事だが眠ってしまう。 スーナの森では兵士たちが森を焼きヴ...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧