FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

山あり谷ありプレゼントに悪意あり【アニメ キャロル&チューズデイ #10】


アニメ キャロル&チューズデイ
10
River Deep, Mountain High



続くオーディション編
前半はアンジェラvsをみせつつの
引きでキャロチューに試練の
第10話

■シベールさんはキャロチューの試練の壁か、踏み台か
後々何かやらかす?それとも今まさに?
オーディション前の山場で相変わらず絡んできて
嫌なフラグ立て
彼女に気を取られるチューズデイを見て
キャロルの気も千々に乱れて
本番前に大丈夫?
…と思ったら直接的な被害を被るプレゼント攻撃が引きに
ある意味ド王道の本番前の怪我展開来ました

■相変わらず脇役に時間使っていくスタイル
アンジェラの対戦相手GGKのぽえみー自己紹介に尺使ったりと
この辺はこのキャラを使い捨てにする気がない意志表示なのかしらん?
それとも単純に
穿った見方をせず相手を引き立てる為の演出と見るべきか
キャロチューのライバルであろうアンジェラより尺長かったですし
ちょっと気になった次第

■AIに頼っていたタオが「勘」でアンジェラの対決曲を変えた件
AI、データ史上主義の彼のその行動の真意は
キャロチューの曲に触れた事による変化か
端からその程度の柔軟性はもとよりあったのか

■アンジェラの前説
歌を歌った理由
今回も積極的な理由を語ってますが
これに説得力は個人的にはまだ感じられない所
イヤイヤやっててここまで来た姿を見ているので
その言葉の真意をどこにあるとみればいいか少し悩む所
その辺りは今後のアンジェラの歌手としての向き合い方の描写の積み重ねで
描いていく中で本心として重ねられていくのか
あくまでリップサービスの域なのか?

▼関連記事
彼女は示す出色を【アニメ キャロル&チューズデイ #9】
彼女たちが持っていないモノ、いるモノ【アニメ キャロル&チューズデイ #8】
今の私の道を照らしてくれるモノは―【アニメ キャロル&チューズデイ #7】
奏でる音は途切れることなく―【アニメ キャロル&チューズデイ #6】
惹きつけられずにはいられない【アニメ キャロル&チューズデイ #5】
例えば黒歴史と呼ぶ今日この日さえも…【アニメ キャロル&チューズデイ #4】
降り注ぐ何もかもも巻き込んで、廻り続ける【アニメ キャロル&チューズデイ #3】
立ち止まる為でも、振り返る為でもなく―【アニメ キャロル&チューズデイ #2】
17才、少女は踏み出した―【アニメ キャロル&チューズデイ #1】


にほんブログ村テーマ アニメへ
アニメ



人気ブログランキングへ

[ 2019/06/14 18:18 ] 2019年9月終了 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

キャロル&チューズディ フジ(6/12)#10
第10話 River Deep, Mountain High マーズ・ブライテスト・コンテストも準決勝。4人を審査するマンスリーゲストがDJアーティガンだった。先ずはGGKとアンジェラ、続いてピョートルとキャロル&チューズデイ。アーティガンは二人を覚えて叫ぶ。楽屋にシベールが待っていた、チューズデイは唯一の希望で拠り所だった。でもサヨウナラと去っていく。気になって追いかけるチューズディ。GG...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧