FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

あの日々の意味を想い、ここに立つ役割を胸に【アニメ この音とまれ! #21】


アニメ 
この音とまれ! 
21
意味と役割

辛かった日々の意味を想い
ここに立つ役割を胸に
奏でる



あの悲しく痛かった過去にも意味はあって
その日々を経て今ここで私が私の響かせたい音の為に
私がすべき役割を見つける

迫る全国予選
辛い過去やすれ違いに向き合い

時瀬高校筝曲部の面々は
自分の立つべき寄る辺を見つけ始める

そこに見える予感
次の舞台は、響かせ合う音は
きっと今までにないものになる―
第21話

天才肌のチカと同じパートで
自分の役割に不安を覚えていたが
まっすぐな練習と晶先生経由の滝浪先生の言葉に
自分の役割を知り、それを支えに更に一歩進むサネ
この音21-4

友人に裏切られて
憧れる友人関係の外にいて
今はその憧れた輪の中にいる来栖さんの
きっと本来の彼女の姿であろう屈託のない笑顔や
この音21-3

かつて母には届かず一度は何もかもあきらめたけど
もう一度向き合う決意をして
その決意を支えてくれる今の絆の温かさを改めて想うさとわ
そんなさとわの創った曲に寄り添おうとする中で
今は亡き祖父の言葉の意味を本当の意味で理解し始めたチカ
この音21-2

部員それぞれの変化というか成長が個々に感じられて
劇中の言葉通り、次の演奏はきっと今までにないモノになる
そんな昂揚を感じられる良い迫る決戦回^^

そんな中でも見所はやはり晶先生
長い長い闇をようやく抜けたその顔の晴れやかさ
お箏が好きで
真剣に向き合う生徒たちを認めた彼女
技術顧問として生徒たちの背中を押すという
しっかりと自分の役割を分かった後の彼女の所作は
今までの暗さとのギャップもあって胸が熱くなりますね
この音21
特に
筝曲部を潰しにかかってきたおばあさまへの啖呵は
カタルシスの大きい名シーン

原作既読なので既知ですが
晶先生の役割はここから先にも
脇役なんがら魅力的なキャラクターとして
何気に見せ場が多いのでどこまでいかされているのか
注目していきたい所です^^

▼関連記事
本気で重ねた時間は―【アニメ この音とまれ! #20】
届かない【アニメ この音とまれ! #19】
届く為に選ぶ正しい彼らの挑みかた【アニメ この音とまれ! #18】
あの日、目指したモノともう一度【アニメ この音とまれ! #17】
揺るぎなく共有する想いを胸に【アニメ この音とまれ! #16】
今の貴方を知ったから始まる【アニメ この音とまれ! #15】
ここから―【アニメ この音とまれ! #14】
心、激しく揺さぶられる―【アニメ この音とまれ! #13】
新しい季節に繋がった【アニメ この音とまれ! #1】

(原作コミック)
君が選んだ全力で【この音とまれ! 21(ジャンプコミックス)】
同じ時間を過ごすなら【この音とまれ! 19(ジャンプコミックス)】
君がいてくれたから―【この音とまれ! 18 (ジャンプコミックス)】
晴れやかに【この音とまれ! 14 (ジャンプコミックス)】
とどけ!【この音とまれ! 13巻(ジャンプコミック)】





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ アニメへ
アニメ



人気ブログランキングへ

https://tiwaha.blog.fc2.com/tb.php/5142-45327002


[ 2019/11/24 09:41 ] 2019年12月終了 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

この音とまれ! BS11(11/23)#21
第21話 意味と役割 早朝5時から練習する愛、実康も付き合う。さとわと晶の演奏は凄かった。早くさとわの演奏に並びたい、追いつきたいと思っていたが間違いだった。滝浪先生の言った自分の役割、意味を考て自分の音を鳴らすべきなのかも。武蔵と妃呂は教室で話していた。妃呂と光太のニ箏は、かなり演奏が揃ってきた。武蔵と通孝の一箏は真面目で地味で詰まらない。そんなことない、真面目は格好いいよ。練習で一番乗り...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧