〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

百物語は終わらない【101番目の百物語8 (MF文庫J)】

101番目の百物語8 (MF文庫J)101番目の百物語8 (MF文庫J)
(2012/11/21)
サイトウケンジ

商品詳細を見る

擬人化された都市伝説の美少女たちと
熱いバトルを繰り広げて
いつの間にやら昨日の敵は今日の友で
ハーレムを形成していく
都市伝説「百物語の主人公」となった
一文字疾風、通称・モンジの
中二バトルハーレムラブコメ 
ついにフィナーレの第


都市伝説のハーレムヒーロー物語完結

ラストバトルは若干軽かった気もしますが
メインどころヒロインには一通り、いちゃいちゃシーン完備と
最低限押さえるところは押さえた大団円
締めは俺たちの物語はまだまだ
つづいていくぜEND

そんな感じで
最後までバタバタと賑やかに
作品の雰囲気がブレなかったのが
一番の評価ポイントでしょうか

今巻の一番の押しはやはり
表紙の真・一之江さん
彼女の最初で最後のデレタイムでしょうか
その容姿と普段の淡白さからのギャップは
ズルさ全開、破壊力抜群
そして、ばさっと本人の口から
デレタイム終了宣言
スパッと通常運転にもどるあたりが
彼女らしくて実によかったです.

他にも音央のシーンも
個人的には好きですね
中学からの近しい女友達の
テンプレなツンデレ
この身近な感じがたまらないw

そして、もちろん
妹キャラ好きとしては
理亜さんの主張にもニヤニヤ
「一文字理亜」宣言
中学生の女の子な微笑ましさも
介在して何とも萌えましたよ

そんな訳で
いやあ、全員等しく捨てがたい(笑な
綺麗にまとまった最終巻でございました

全ヒロインをほぼ均等な立ち位置で
という難しいバランスを成し得ているのが素晴らしい
正しく厨二バトルラブコメといえる作品でした

ライトに熱く楽しいものを
求める方に文句なしにオススメシリーズです


●関連記事
安牌ハーレム街道邁進中【101番目の百物語6 (MF文庫J)】
クーデレ系従妹…ツボです【101番目の百物語 4 (MF文庫 J)】
個人的には穿いてる派です【101番目の百物語 2 (MF文庫 J)】



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
[ 2012/11/30 21:36 ] MF文庫J | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧