FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

紙の匂い、微かに差し込む陽光【ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)】

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

鎌倉の片隅。
古い家々の立ち並ぶ街並みの中
ひっそりと佇む古本屋、ビブリア古書堂。
そんな古本屋に持ち込まれる
本とそれにまつわる人の物語

それを紐解くのは
初対面の人間とは
まともに喋れない様な人見知り
けれど本に関することと為ると
スイッチの入る若く綺麗な女性店主と
あるトラウマから
本が読めない就職浪人男。

そんな二人を中心とした古書と秘密の物語


古本を巡る人間模様
古本屋という舞台の〝らしい〟雰囲気が
うまくでている。
短編個々のネタは割りにありふれたものではあるが、
連作短編日常系ミステリとして全体としては手堅い完成度。
探偵と助手のキャラクター付けによって
ライトな読みやすい雰囲気となっている。

特徴としては
古書という道具の使い方におけるバランス感覚。
得てしてこのネタは本に重きを置くあまり
原本を知らないと楽しみにくい作品も多いが
この作品はストーリー上での必要部分を
きちんと引用なり解説なりをしており
文学等に明るくない自分でも十分楽しめた。

この辺は誤解を恐れずに書くなら
ラノベ以上文学未満を
狙ったであろうレーベル意図に
マッチした作品といえるのではと感じた。

関係ないがビブリアの店主 栞子は
R.O.Dの読子を想起させられた
キャラクタ付けについては
ある種同じ方向で
性格のデフォルメ度を押さえた、というイメージ。
そうすることで一般の小説で
通用するキャラに落とし込めるんだなあ
と変な納得を感じた。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[ 2014/07/02 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
[2014/07/02 22:39] 粋な提案
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧