〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

それが若さというやつか―【エバーグリーン 2 (電撃コミックス)】

エバーグリーン 2 (電撃コミックス)エバーグリーン 2 (電撃コミックス)
(2013/03/27)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

まんが部部長・吉松穂高にとって
水泳部エース・阿波谷仁希は
部室の窓から一方的に
見つめるだけの存在のはずだった

しかし、実はその視線は
一方通行のものではなくて…

穂高と仁希
互いが互いを
認識したことから始まる
ただひたすらに青い
学園青春ストーリー
2


仁希さんが素敵すぎですw

難癖つけてきた
女子グループリーダーの平手打ちに対しては
倍返しとか、男前過ぎる
行動の一つ一つがオーバーリアクション気味だけど
それが映える性格に容姿
そのパワフルな姿は
好かれる人間にはとことん慕われそうですが
敵もたくさん作りそうですねw

そのくせセンチメンタルすぎたり

穂高との関係の一進一退ぶり
その傷つきやすいお年頃ぶりは
もどかしくもあり
共感を呼ぶものでもあり

温ちゃんもそうですが
浮き沈みの振れ幅が大きく
素直になれない女の子たちのもどかしさよ
というのがいい味出してますね

何にせよ
この作品の柱のひとつは
この阿波仁希の魅力になるでしょうし
その点では見事に加速した2巻

お話としては
ラブコメらしい
一進一退の人間関係の進み
じれったさもあったり
それでこそという思いもあったり

やはり一番の問題は
刊行スピードですな~(笑

▼関連記事
突っ走たり、踏み出せなかったり【エバーグリーン 1 (電撃コミックス)】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
[ 2013/03/27 22:36 ] コミック 少年・青年 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧