FC2ブログ

ありたい、あるべき姿を見失わないこと【アニメ アイドルマスター#6】

アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/27)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る

あ~ゆ れでぃ~ あいむ れぃでぃ~♪
OP曲「READY!!」
公式HPからOP動画をDLして
作業中のBGM代わりにするくらいには
気に入ってしまいました 

そんな訳で
アイドルマスター 第6話
先に進むという選択
視聴しました~

新ユニット企画 竜宮小町を
律子が立ち上げ
本格的に走り出す765プロ
そんな中
新米プロデューサーは…

以下はネタバレありです
新ユニット 竜宮小町
どんどん仕事が舞い込み
忙しくなる律子たちを
尻目に今ひとつ仕事を
とれない新米プロデューサー

これではダメだと一念発起
がむしゃらに頑張りだすが
焦りから相性を考えない仕事の振り方で
成果はうまく上がらず
ついにはダブルブッキングまでやらかしてしまう

▼空回り⇒失敗・ド落ち込み
p.jpg

同僚がどんどん進んでいくのを感じると
自分の進歩のなさを
必要以上に感じ
焦りが生まれて
そこから空回りに走り
失敗、失墜

これはイタイ
何がイタイって
まんま自分もやったことあるよ
っていうか今まさに自分もそんな感じだよ、というのが

もう、ことりさんから
ダブルブッキングを伝えられたときの
プロデューサーの
頭を抱えたときの姿といったら
そう、頭抱えたくなるよね、と
画面の前で共感の意を
叫ばずにはいられないほどに(笑

そんなプロデューサーを
フォローしたのは
現場のアイドルたち

私たちを信用してください、と
ダブルブッキング先にプロデューサーを
送り出す 春香、響

ダブルブッキングで
開いた穴を埋めた 美希、真
#6

全力で向かっていれば
答えてくれる人たちがいる
何て素敵なことなのか

だからこそ
仕事をみるとき
人を見ることを
忘れてはいけないんですよね

それぞれをそれぞれのままに
互いにしっかり向かい合い
フォローし合い
良さを引き出していく
それこそが
1話で宣言した
〝みんなまとめてトップアイドル〟への道に
繋がっているのだろうから

いいチームだよ、765プロ(TwT。)
アイドルマスター

追記

今回のED THE IDOLM@STERも
アップテンポでこれから何かが始まるときの
ワクワク感的モノを刺激される曲で
またまた好きな曲かも
1話の The world is all one!! とか
アイマスは琴線にふれる曲が多いなあ
ゲームとかCDも買ってみようかしらん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

2 Comments

nagisa

RENPOUNASUさん

お疲れ様です☆

私の地域は、1週?2週?遅れで観てますよ♪

主人公Pは大変ですね・・・。
律子は別として、P1人であれだけのアイドルの卵たちを
担当するなんて(◎_◎)
ゲームでは、最初に選択した子やグループだけなんですけどね。
Pさん無理せず頑張って欲しいです。
髪をショートにして、あずささんキュートです!

アイマスは、ほんとぉーーーにいい曲だらけなんです!
だから、沢山CDが発売されてますよ。
また、長きに渡って人気のあるコンテンツとして、
あの“ニコニコ動画”でも、
“VOCALOID”
“東方”
と並んで“アイドルマスター”は御三家として一大ジャンルにされてますよね♪
私が、アイマスに出会えたのは“ニコ動”のお陰です。
・アイドルたちの個性や魅力
・作詞、作曲、振り付け、ボーカル
・ゲームなどのドラマ性
・声優さんをはじめ、スタッフたちのコンテンツに対する愛
・ファンたちPの愛やイベントなどの団結
・いろいろ

ニコ動で“ニコマス”は古いジャンルで大変素晴らしい作品が沢山今までもこれからも
Upされてますが、中でも一番衝撃的だった作品のひとつが、
“人力ボーカロイド”で、
千早や弥生や春香などに歌ったこととない曲を歌わせてる作品です。
キャラのあらゆる音源をかき集め、膨大な時間を費やして切り貼りをして創る。
ただただ感動して、( ゚Д゚)ポカーンでした(笑

今でも、ニコマスの作品を楽しんでますよ☆
私は千早スキーですけどね♪

失礼します(*- -)(*_ _)ペコ

  • 2011/08/25 (Thu) 00:26
  • REPLY

RENPOUNASU

nagisaさん
毎回コメントありがとうございます

アイマス、本当にいい曲が多いですね~
各キャラの性格をきちんと下敷きにして
同じキャラでも創り手ごとに
切り口が違って
雰囲気がバラエティに富んでいる曲たち
ニコマス含めちょろっとしかまだ知りませんが
この辺の間口の広さは私もちょっと感嘆モノでした

そういった創り手、受け手、
双方の遊び心を受け入れる懐の深さが
5年以上長期にわたって続く作品としての
原動力なのかな、なんてことを思いつつ
楽しませてもらっています

  • 2011/08/25 (Thu) 08:56
  • REPLY

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  アイドルマスター 第六話
  • THE iDOLM@STERの6話は、竜宮小町と差が付いてしまったアイドル達を必死に売り込もうと焦って空回りなプロデューサー。
  • 2011.08.18 (Thu) 10:39 | ホビーに萌える魂