〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

キミのいた夏、その向こうへ【PCアダルト ナツユメナギサ】

ナツユメナギサナツユメナギサ
(2009/07/31)
Windows

商品詳細を見る

SAGAPRANET・四季シリーズ
第2弾 夏の物語 

記憶喪失の少年が過ごすのは常夏の島
真夏のクリスマスを一月後に控える中
少年は少女たちと出会うことで
自らの記憶、閉じ込めた心
その先にあるモノに向き合っていく

ナツユメナギサ
プレイ時間 15H弱
(共通2H+個別2H強×4キャラ+trueルート3.5H)

オススメ度★★★★75/100

同ブランドの「はつゆきさくら」面白かった事もあり
同じく四季シリーズとして評判のよかった本作をプレイ
荒らさはあるものの「はつゆき」同様
切なさと温かさのある
プレイ後感にきゅんとくるよいストーリーでした





■よかった点
・シナリオ構成
テーマが明確でそれに沿った
ストーリー構成がきちんと作品全体でなされていること
若干の荒さはあるものの
最終ルートできちんとお話が閉じれていますし
ファンタジーの使い方もいいバランス感覚
「はつゆきさくら」のときもそうですが
ご都合的奇蹟の世界、それでいて安易な救済はないという
この絶妙さが好みですね
これぞシナリオ系ギャルゲの王道といった感じが良かったです


■もう一歩なところ
・個別ルート・ボリューム等
最終ルート以外のシナリオでは
ルート毎のクオリティさもありましたが
全体的に早急感あり
仲良くなっていく過程、シリアスへの移行などで
ちょっと荒さがあったでしょうか
物語の仕掛け上、わざとなのかもしれませんが
それでももう少し頑張りが欲しかったところがちらほら

■お気に入りキャラ 七瀬歩
王道幼馴染
シナリオ構成上、どうしても彼女に意識が行きます
口癖ともいえる「ひくわー」のときの声と表情が好きです^^
無題
次点では元気娘・羊もよかったですね
彼女もシナリオに力がはいっていましたし
やはりキャラの魅力は
シナリオの出来に依る部分が大きいでしょうか


■総評
各ヒロイン個別ルートの描写不足だったり
場面のつなぎだったり
所々で荒らさはあるものの
作品でやりたり事が明確にあり
それをきちんと形にしようとする気概が感じられた作品
テーマが一本芯にある作品はやはりいいですね
なるほど確かにこれの正統進化が
四季シリーズラスト「はつゆきさくら」へと
つながっているなと感じる秀作でした

▼関連記事
さよならとありがとうがあふれる【PCアダルト はつゆきさくら(SAGA PLANETS】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
[ 2013/08/19 19:39 ] PCゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧