〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

想いあふれて【花散里~ ヒカルが地球にいたころ…(8)(ファミ通文庫)】

“花散里“花散里
(2013/08/30)
野村美月

商品詳細を見る

眉目秀麗で旧家の御曹司だった
ヒカルの幽霊に取り付かれ
彼の思い残した事
数々の女性との約束を
代わりに果たすため
目つきは悪いが真っ直ぐな少年
赤城是光が奔走する
源氏物語を下敷きとしたラブロマンス
8

すれ違う心とままならない想い
募ったそれらはついにあふれて…




学生生活ひとつのクライマックス・文化祭

蒔いた種が花開くように
鼻つまみ者だった是光
イベント事を通してクラスに少しずつ溶け込んでいく展開は
定番だけに心温まりました

そして、魅力的なキャラクターの多い作品だからこそ
文化祭のような多数視点で多くのキャラが出張る展開は
華やかさあり、面白さありで
お話の脇道部分もかなり楽しませてもらいました
可愛い妹分のしーこにすっかり残念キャラな頭条お兄ちゃんw
安定な小悪魔先輩・月夜子さん
割かれたページは少なくともキャラが立っているから印象に残る
中でも巻末短編で語られた朝ちゃんの真意なんかは
中々にツボでございました
完璧クールビューティーが
いつのまにやらデレて
空回りなちょっぴり残念美人になってるあたりがたまりませんね(笑

そんなこんなで魅力的な人物が多い今作
今巻メインのみちるとヒカルの絡め方も
中々やられた感がありましたが
やはりメインは是光を中心とした多角関係の切なさ
この辺のもどかしさは毎度やられます

ちょっとしたボタンの掛け違いからすれ違い
想いが募りすぎるが故に悩む
帆夏さんは相変わらず表面的な印象とは違って
古風というかその尽くすタイプな感じが健気でぐっときますし
葵さんは相も変わらずの庇護欲をそそられる守ってあげたい系
今回も両者共に切なかった
そんなもどかしさを経て
帆夏、是光の関係もついに最終局面といったところでの引き
加えてここで夕雨さんを出す上に
その裏に一朱の存在がちらつくという先の読めない展開は脱帽

次巻が待ち遠しい限りです

▼関連記事
愛せるコトのしあわせに―【空蝉~ ヒカルが地球にいたころ…(7)(ファミ通文庫)】
愚直さが美徳【朝顔~ヒカルが地球にいたころ(6)(ファミ通文庫)】



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
[ 2013/09/02 22:17 ] ファミ通文庫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

本日までの観測者様
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧