FC2ブログ
〝半ひきこもりさん〟なわたしの二次元への日々の沈みっぷりを気まぐれに

マッチポンプな【アニメ 革命機ヴァルヴレイヴ#14】

革命機ヴァルヴレイヴ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]革命機ヴァルヴレイヴ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2013/08/21)
逢坂良太、木村良平 他

商品詳細を見る

アニメ 革命機ヴァルブレイブ
14話  大気圏の兄妹

傍から見てやりすぎに見えたり
常識を逸脱しているように見えても
本人にとってみれば本人さえ納得できていれば
結局はそれでいいことなのかもしれないけれど
それでもそこんトコロどうなの、そこの兄妹


アキラちゃん再生回
革命14
アキラちゃんのショーコちゃん好き好きオーラ全開が
相変わらず可愛くてようございましたw

そして、ショーコちゃんつながりで広がる輪
マリエさん
革命14-2
言葉数は少ないし
あまり表情豊かではないけれど
何気に気遣いの人系なのがイイネ^^
共犯者組以外で
ハルトの秘密に初めて気づくひとりになりそうですし
これは活躍の場ありか?
ショーコちゃんの親友として彼女がどう振る舞っていくのか
楽しみですね

一方でお話的には
どうしても連坊小路・兄にイラっとして
素直に熱い展開として楽しめなかったでしょうか
小学生が保身で妹を切り捨てたのはまあ、仕方ないとしても
その後の普段の妹へのダダ甘、態度が
完全に自己弁護の賜物の半ヒステリックだったというのは引くわ~
情けなくても最後の一線でふんばる3枚目キャラとして
そんなに嫌悪感なく見ていたのですが
うっかりからピンチを招き
キリリ顔で妹を救うべく船全体にリスクを取らせるって
それはこの自業他得みたいな状況で開き直ってるような態度が
鼻についたせいかもしれません
今回の彼の所作はなんとなく目に余ったかな~



▼関連記事
メイコンビ再び【アニメ 革命機ヴァルヴレイヴ#13】


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
[ 2013/10/19 09:19 ] 2013年12月終了 | TB(6) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

革命機ヴァルヴレイヴ 第14話「大気圏の兄妹」
革命機ヴァルヴレイヴの第14話を見ました。 第14話 大気圏の兄妹 地球への降下作戦を実行するハルト達はキューマとライゾウの噛み付きのおかげで何事もなく降下できるはずだったが、サトミの迂闊な行動のせいでドルシアに気付かれてしまう。 「私の、私のせいだというのか…!?」 そんな中、アキラがいじめられた原因はサトミをプレッシャーから助けようと試験問題をハッキングしよう...
[2013/10/19 09:41] MAGI☆の日記
「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第14話
不時着… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310180001/ 【送料無料】TVアニメーション 革命機ヴァルヴレイヴ オリジナルサウンドトラック [ 千住明 ]価格:3,045円(税込、送料込)
[2013/10/19 13:33] 日々“是”精進! ver.F
革命機ヴァルヴレイヴ 第14話「大気圏の兄妹」
地球降下作戦は、ただ誘導に従ってゲートを通るだけのはずだったが… サトミの失敗でドルシアに見つかり戦闘状態になってしまう。 ハルトたち助けに出撃したアキラの6号機が軌道から外れてしまう窮地となるが…。 VVV第2シリーズ第2話は、アキラが引きこもりになった理由が明かされる。 今では兄のサトミを忌避するアキラは、兄思いの妹だったのですね(笑)  
[2013/10/19 17:31] 空 と 夏 の 間 ...
革命機ヴァルヴレイヴ 第14話 「大気圏の兄妹」
「もう私は逃げない、罪も罰も一緒に受け止める 家族だから!」 アキラの過去が明らかに…! 妹の危機に 今度こそ助けると決意するサトミ    地球降下作戦の開始――! 月の中立ラインを出た所でドルシア軍に襲われる事になったけど何とか振り払う事に成功 一段落ついたところで ヴァルヴレイヴで一緒に来てくれたアキラと顔合わせをしたいハルトだけど やっぱり誰とも顔を会せないままだ...
[2013/10/19 19:36] WONDER TIME
革命機ヴァルヴレイヴ第14話『大気圏の兄妹』の感想レビュー
ロボットアニメで大気圏突入回はお約束、これ、マメな( ー`дー´)キリッ!回でした。 ぶっちゃけ、状況が急速に進行しているので、なんでこのタイミングでリスク背負いながら他の船に紛れて目立つところから降りなきゃならないんだろう?という前提部分がよく把握できてないので...
直きこと其の中に在り「革命機ヴァルヴレイヴ」
国際社会は弱肉強食。権謀術策の裏の裏をかいてこそ生き残ることができるのです。 だからといって卑怯卑屈の限りを尽くして、目の前の利益を追い求める国家は何処からも信頼は得られません。 正義とは道徳の裏付けがあってこそ、悪徳のレッテルは政治プロパガンダだけで成立するとは限らないからです。 取り敢えず「新生ジオール」は悲劇の国家として認証されたのはいいとして、まだまだ基盤が脆弱で幻の「...
本日までの観測者様
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧